子供の脳を狂わせる食事の問題 その2

34年も前に『子どもの脳を狂わせる食事の問題』を取り上げた書籍『今の食事が子どもを狂わせるーアメリカ上院栄養問題特別委レポートが警告』(今村光一、小野寺暁子共著。主婦の友社刊) 化学物質を、これでもか、これでもかと取り入 … —>

子どもの脳を狂わせる食事 その1

34年も前に『子どもの脳を狂わせる食事の問題』を取り上げた書籍をご紹介致します。そして、その警鐘が益々ひどくなった現実に、私達はうろたえるばかりです。化学物質を、これでもか、これでもかと取り入れ、遺伝子組み換えの作物と、 … —>

「海の塩」が教えてくれた自然観

「海の塩」が教えてくれた自然観

海の塩が教えてくれた自然観 海の塩の成り立ちや、生命にとっての大切さに目覚めると、地球上の全ての命が大切で、何ひとつ人間の都合で殺してはいけないことが分かります。 もっとも愚かな行為は、地球で生きる命にとって必要な酸素や … —>

塩なしでは生きられない!!

塩なしでは生きられない!!

「森下自然医学」2006年12月号に『命を支えるもの』★命の星・地球の視点で塩をみる 中村陽子さん★の内容をご紹介致します。 一読してその卓見に驚愕。ナント10年以上の前から、地球環境の破壊のどんどん進み、人間の身体にも … —>

「塩」は命のエキスの結晶!!

「塩」は命のエキスの結晶!!

塩は海からできます。現在山から掘り出している岩塩も昔の海が結晶したものです。その海のミネラルバランスをつくったのは、生き物、主に植物です。植物というのは、光合成をする生物という意味で、藻類も入ります。それではこの地球の海 … —>

生死を司る

生死を司る

「森下自然医学」2006年12月号に『命を支えるもの』★命の星・地球の視点で塩をみる 中村陽子さん★の内容をご紹介致します。 一読してその卓見に驚愕。ナント10年以上の前から、地球環境の破壊のどんどん進み、人間の身体にも … —>

「正しい塩」であれば・・・

「正しい塩」であれば・・・

現代医学の最大の盲点とも言える『塩分制限』の大合唱に、辟易(へきえき)しているむきの方には、実に痛快な内容です。 塩は摂りすぎると高血圧をはじめ様々な病気になるといわれていますが、塩の過剰摂取についてはいかがですか? 減 … —>

「精製塩」と「自然塩」

「精製塩」と「自然塩」

「塩」の重要さを知るに、これほどにわかり易い話はないであろう。と思ったのが『自然医学』の大御所、医学博士森下敬一先生主幹の月刊誌『森下自然医学』2006年10月号18ページ以下『森下敬一会長、塩について大いに語る』【生命 … —>

ウンコが救世主!!!

ウンコが救世主!!!

回収と再生、「リン・リファイナリー」  仏国のヴィクトル・ユーゴーが『レ・ミゼラブル』の中「海のために痩する土地」で、こう言わしめている。「・・・世間が失っている人間や動物から出るあらゆる肥料を、水に投じないで土地に与え … —>

リンの枯渇は滅亡へ

リンの枯渇は滅亡へ

食糧不足を引き起こす『リン危機』の話です。 食糧の生産が激減し、人類存続の危機の緊急課題だというのです。 リン鉱山の余命  ところが、産出する世界のリン鉱山が次々と閉山廃坑に追い込まれている。掘り尽くして資源がなくなった … —>